外国人財の輝き

<< English >>

 (株)竹延は優秀なベテラン職人をインストラクターとして、特化した仕事を繰り返し鍛錬する教育プログラムで、未経験の職人を短期間で育成してきました。また、新しい工法やより安全な塗料といった技術革新を生み出し、事業規模を成長させるだけでなく、誰もが安心して技術を磨ける環境づくりを実現し、社員皆が高い目標を掲げ、高いモチベーションで働いています。
 (株)竹延はICT技術を用いた技能伝承の取り組み、作業効率化による生産性の向上に力を入れています。
また、建設現場監督の女性も活躍するなど、女性や外国人を含む幅広い人材を受け入れ、個々の人材を育成する会社です。(株)竹延で一緒に新たな塗装会社を作っていきませんか。


ベトナム技能実習生の活躍

■来年より弊社で受け入れる技能実習生です。

日本語教育の充実”職人語学学校(CLS)”

■弊社にて働く外国人の方々は非常に努力家で技術習得にかける情熱は群を抜いており、日常会話でのコミュニケーションは全く問題ありません。しかし一流を求めるならば必然となる国家資格等の筆記試験の漢字のハードルの高さは計り知れません。そうして開催されているのが「職人語学学校」です。語学に堪能なスタッフが現場・工事・塗装・安全に関わる必要専門用語をレクチャーします。

 

住宅支援”職人ダイバーシティ・ドミトリー(CDD)”

■私たちは、会社の近くに宿舎「職人ダイバーシティ・ドミトリー」を設ける予定です。
この宿舎は、海外からの技能実習生や遠方からの職人さん向けです。
宿舎の中には食堂を設ける予定です。
宿舎の居住者はバランスの取れた栄養のある食事ができるので、食事の心配する必要はありません。

●栄養のある食事の提供(案)

厨房の設置条件 -事業附属寄宿舎規程-
① 照明及び換気が十分であること。
② 食器及び炊事用器具をしばしば消毒するとともに、これらを清潔に保管する設備を設けること。
③ はえその他のこん虫、ねずみ等の害を防ぐための措置を講ずること。
④ 食堂には、食卓を設け、且つ、ざ食をする場合以外の場合においては、いすを設けること。
⑤ 食堂には、寒冷時に、適当な採暖の設備を設けること。
⑥ 炊事場の床は、洗浄及び排水に便利な構造とすること。
⑦ 炊事従業員には、炊事専用の清潔な作業衣を着用させること。
⑧ 炊事従業員の専用の便所を設けること。
⑨ 汚水及び汚物は、寝室、食堂及び炊事場から隔離された一定の場所において露出しないようにしなければならない。
⑩ 一回三百食以上の給食を行う場合には、栄養士をおかなければならない。

参考URL:事業附属寄宿舎規程

医療機関の整備

●外国人が病院を訪れる際の手続き

日本人と変わりありません。言葉の壁や専門用語等があるので以下の資料を補足資料として活用しています。

●医療費の費用負担について

弊社で勤務する場合には日本人と同様本人が3割負担となります。技能実習生限定でその3割も後日返金される実習生専用の保険に加入しております

●定期健康診断・特殊検診は日本人と同じ病院、同じ項目でいいのか

日本人と同じ病院・内容で問題ありません

 

◆受入れ機関向け外国人技能実習生総合保険(日本語)〔PDF〕≫

◆医療機関利用ガイドブック(ベトナム語)〔PDF〕≫

◆医療機関への自己申告表 補助問診表(ベトナム語)〔PDF〕≫

◆生活ガイドブック 医療用語集(ベトナム語)〔PDF〕≫

外国人登用でのサポート

ベトナム、フィリピン、インドネシア、タイなどの外国人技能実習生受け入れを進め、若くて優秀な人材の確保により受け入れ企業の健全経営の応援をサポートしております。

協同組合アシスト ホームページ≫

 

◆法務省発表「在留外国人統計統計表(2017年末時点)〔PDF〕≫

◆技能実習制度の枠組み〔PDF〕≫

◆優良実習実施者及び監理団体の要件〔PDF〕≫