これまで、建設現場で従事する職人の勤怠管理などは、
職人から提出される手書きによるアナログデータを、
事務スタッフがデジタル変換することで給与計算等に対応してきました。
 しかし、今後はコネキャリを導入することで、
シームレスなデジタルシステム化が可能となり、
職人のみならず事務スタッフの作業が約70%効率化が実現します。
 そして、働き方改革の促進や就業状況の見える化が一気に加速することで
(株)竹延はさらなる経営の効率化を期待しています。